熊本の農畜産物

【スイカ】出荷順調/JA菊池

2017.05.25

選果施設に集荷される大玉スイカ

 JA菊池管内では、スイカの出荷最盛期を迎えている。大玉、小玉ともに品質良好。西瓜(すいか)部会は、
査定会で部会員の意識を統一。管理徹底に一丸で取り組む。
 JA西営農センターのスイカ選果施設では、糖度、外観などを自動判定、選別し、箱詰めする。スイカ選果では珍しい自動倉庫システムにより、市場の要望に応えて、全国に的確に配送する。JA担当者は「昨年産から始まったネット販売も順調。販売にも力を入れ、有利販売につなげている」と話した。
 品種は大玉「春のだんらんRV」、小玉「ひとりじめEX」「ひとりじめボンボン」。
日量大玉2000ケース(1ケース15キロ)、小玉300ケース(1ケース8キロ)を出荷している。出荷は
6月下旬まで続く。