身近なJA組織

【スイカ】植木の自慢はね 甘~いスイカ/JA鹿本

2017.05.19
盟友に教わりながらスイカ苗を植える児童

 JA鹿本青年部桜井支部は、熊本市立桜井小学校5年生48人と一緒に、スイカの定植を行った。
 桜井小学校では、児童らに地域の良さに気付いてもらおうと、地元熊本市北区植木町の特産であるスイカを、
地域の人々と触れ合いながら、児童自ら栽培している。
 食農教育授業の一環。
 児童は同小学校裏のハウスで、青年部盟友から植え方を教わりながら、一人1株を定植。名札を立てた苗に、
持参したペットボトルで水やりを行い、それぞれのスイカとして大切に育てる。児童は「早く大きくなってほしい」「成長が楽しみ」と、スイカができるのを待ち望んでいた。
 スイカができあがるまで、ハウスの開け閉めは児童が行い、6月下旬に収穫する予定。