身近なJA組織

【フレミズ研修】手芸で交流/JAかみましき

2017.04.11

 JAかみましきフレッシュミズは、会員ら約20人が参加し、フレッシュミズ全体研修会を開いた。エーコープマーク品研修や手芸で会員同士の交流を深めた。
 同研修会は会員同士の交流を深めるために毎年3月に行っている。甲佐町のサンキャッチャーセラピストの井芹靖子さんが講師となり、太陽の光を集めて虹色に輝き、見る人に癒やしを与えるサンキャッチャー作りを学んだ。
 井芹さんは「震災後、沈んだ心をサンキャッチャーの光が癒やしてくれた。皆さんも辛いことがあったとき、この光を見て癒やされてほしい」と話し、参加者はワイヤに思い思いのクリスタルガラスを通しオリジナルのサンキャッチャーを作り上げた。
 その後、エーコープマーク品の研修で「和風だし」や「くだものを漬けて飲みま酢」を試飲。参加者は「だしパックを煮出すだけでおいしいだしが取れる。化学調味料も入っておらず安心して使える」と話した。