熊本の農畜産物

【タケノコ】タケノコ「夢未来」銘柄に 味自慢130トン出荷へ/JA熊本市

2017.03.15

 JA熊本市芳野筍(たけのこ)部会は、JA芳野支店で発会式を開いた。部会員数24人で、2017年産は青果と加工で計130トンの出荷を計画する。部会は若手生産者も多く、有望な産地として期待されている。JA熊本市「夢未来」ブランドの新たな品目として、3月中旬から出荷を始める。
 品種は「モウソウチク」。熊本市の芳野地区は赤土でタケノコの味が良いのが特徴だ。同支店の選果場で出荷する。青果は4月中旬までに30トンの出荷を見込む。水煮缶などの加工用の出荷は、4月中旬から5月上旬まで100トンの計画だ。