新着情報

【広報コンクール 】JA菊池が最優秀3部門でも優秀賞/JA熊本中央会

2020.12.04
表彰を受けた3JA。左から、丸田博雄常務(熊本うき)、三角修組合長(菊池)、西岡裕治副組合長(鹿本)

 JA熊本中央会は3日、熊本市で熊本県JA広報コンクール・トップセミナーを開いた。総合の部の最優秀賞と三つの部門の優秀賞にJA菊池が輝いた。県内JAや連合会の役職員約50人が参加した。

 コンクールは4回目。JA広報活動を評価・共有し、情報発信力を強化するために開く。県内12JAが参加。①組合員向け広報誌②地域密着型広報活動③ホームページ──の各部門で競った。審査は家の光協会、日本農業新聞、熊本日日新聞などが担った。
 講演では、最優秀賞を受けたJA菊池の中村久広課長が広報体制や取り組みを紹介した。

 その後のトップセミナーでは、元熊本日日新聞社編集局長の平野有益さんが「変わる時代と外から見たJA」と題し、講演。消費者に対する広報の重要さなどを語った。

 表彰JAは次の通り。
 ◇総合の部▽最優秀賞=菊池▽優秀賞=熊本うき▽優良賞=鹿本◇組合員向け広報誌の部▽優秀賞=菊池、熊本うき◇地域密着型広報活動の部・ホームページの部▽優秀賞=菊池