新着情報

感染対策講じ集団健診再開~JA熊本厚生連

2020.06.09

      

JA熊本厚生連は5月30日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月から休止していた地域住民集団健診を再開した。

組合員をはじめ地域住民の健康維持、増進を目指し、保健センターなどの公共施設を巡回。1日当たり約120人が受診する。

各会場では“3密”を避けるため、待合スペースを広く取り、定期的に換気する。検査機器は随時消毒し、アクリル板を設置して飛沫(ひまつ)感染を防ぐ。

       来場者には検温や体調チェック、手指消毒、マスク着用を依頼し、感染防止を徹底している。

       また、夏季に向けて熱中症対策も強化していく。