熊本の農畜産物

【メロン】シンガポール 香港で旬アピール メロンフェア好調 販路拡大へ攻め~JA熊本経済連

2020.05.21
香港で好評を博す熊本メロンフェア

JA熊本経済連は、シンガポールと香港の総合ディスカウントストア「DON DON DONKI」で、熊本県産春メロンを中心とした「熊本メロンフェア」を実施している。春メロンは4、5月が出荷最盛期。新型コロナウイルス感染拡大の影響でインバウンド(訪日外国人)需要が減る中、果実消費が多い海外で販売し、販路開拓を目指す。31日まで。

同ストアは、日本で「ドン・キホーテ」を運営するPPIHグループが東南アジアで展開する店舗。フェアの販売品目は「アンデス」「クインシー」など。小玉スイカ、県産ミニトマト「アンジェレ」、ズッキーニも並ぶ。

販売見込み数量は、全品目合わせて15・1トン(前年比168%)を計画している。フェアは2019年度、初めてシンガポールで実施。好評だったことから、今年から香港にも拡大した。

同経済連の野田憲総合営業課長は「熊本県産は品質良好で、海外でも消費者に手に取ってもらえる。コロナ禍という厳しい状況だが、今後も販路拡大を模索したい」と語った。