熊本の農畜産物

【花き】県産花き支援職員の各家庭に/JA熊本中央会・連合会

2020.04.16
くまモンのオブジェに花を飾る職員

 JA熊本中央会・連合会など県域各団体は、5月中旬まで数回に分けて花を購入し、職員に配る。県産花きの消費を支援する「熊本県産花いっぱい運動」の第2弾。今回は主に職員の各家庭に花を飾る企画として実施する。

 初日となった14日、熊本市のJA熊本県会館にはトルコギキョウやカラー、ユリなど8種類の県産花きが届いた。会館に勤務する職員は花束などにして持ち帰った。来館者にも花を楽しんでもらおうと、ロビーに設置した県のPRキャラクター・くまモンのオブジェも飾り付けた。

 JA熊本中央会の宮本隆幸会長は「休日など外出の自粛が続くが、家族と一緒に家で花を楽しみ、心を和ませてほしい」と話した。

 第1弾は各団体の事務所を花で装飾した。