熊本の農畜産物

【スイカ】産地復興4年 出荷ピーク迎える/熊本県

2020.04.16
選果場にスイカを持ち込む生産者

 全国有数のスイカ産地・熊本県が4、5月に出荷ピークを迎える。今年産も甘く仕上がり、食味良好。4年前の熊本地震で被害を受けた産地も復興を遂げた。JA熊本経済連は春夏スイカの総出荷量を2万2575トンと計画する。熊本の味を全国に送り届ける。

 震災時、主産地・JAかみましきの益城西瓜(すいか)選果場は選果機が故障した。機能を一時停止する事態に陥った。出荷が滞りかねない危機に。それでも何とか出荷にこぎ着けようとJA職員、生産者と家族の約100人が選果場に集まった。生活に不安を抱える中、人力で選果を続けた。

 JAかみましきの森上純也センター長は「地震後も生産者が被害を免れたスイカを収穫してくれた。選果場に届くスイカを見て、人の手で選果することを決めた」と振り返る。森上センター長は「大変な時期が続いたが、ようやく震災前の日常が戻ってきている」と手応えをつかむ。

 当時、選果場で手選果に参加した和田光希主任は現在、同経済連青果物コントロールセンターで産地と消費地情報の分析を担う立場。和田主任は「今年の熊本県産スイカは朝晩の冷え込みと日中との寒暖差から甘味が増した。ぜひ食べてほしい」とアピールする。