新着情報

【防除】無人ヘリ 散布技術披露 熊本県導入組織連絡協競技大会/JA熊本経済連

2020.03.11
競技中の選手

 熊本県無人ヘリコプター導入組織連絡協議会(事務局=JA熊本経済連)は3月上旬、合志市で第16回無人ヘリコプター安全飛行技術競技熊本県大会を開いた。県内の請負防除組織などから8組織23チームが出場。安全、効率的に産業用無人ヘリで防除できるよう、実技を通じて技術を高めた。

 免許取得5年未満と5年以上の2部に分かれ、オペレーターとナビゲーターの2人一組で無人ヘリを飛ばした。約80メートルのコース上で、薬剤に見立てた水をまきながら、飛行の安全性と技術の精度を競った。2部門で好成績を収めた上位2チーム計4チームが全国大会に出場する。
 
 審査員は「出場者全員のレベルが上がっている。全国大会に出場する選手は上位入賞を目指してほしい」と述べた。

 主な結果は次の通り。
 ◇団体賞=YHファクトリー
 ◇免許取得5年未満の部▽1位=芥川碧、水田大地(YHファクトリー)▽2位=嶋崎裕太、古里靖博((株)それいゆアグリ)
 ◇5年以上の部▽1位=上田真碁、高沢高史(松橋町無人ヘリ管理組合)▽2位=水田大地、芥川碧(YHファクトリー)