新着情報

【熊本野菜ブランド】構築へ 熊本県振興大会で総力結集

2020.02.26

 熊本県や県内市町村、JAグループ熊本などでつくる県野菜振興協会は、熊本市で第56回県野菜振興大会を開いた。野菜生産者、JA、行政、市場や輸送関係者ら約600人が参加。消費者から支持される「熊本野菜ブランド」の構築を進めていくことを誓った。
 
 大会は2年に1回、生産者や関係者がそろい、地域の枠を超えた連携で生産力・販売力の強化を目指すために開く。

 同協会の加耒誠一会長(JA熊本経済連会長)は「安全・安心でおいしい野菜の提供が責務。消費者に喜ばれる熊本野菜ブランド飛躍のために力を尽くす」と訴えた。

 大会では野菜園芸功労者14人を表彰。
 
 野菜組織活動コンクール会長賞の受賞者は次の通り。
 
 ▽最優秀賞(熊本県知事賞)=JAやつしろ郡築園芸部▽優秀賞=JA熊本市東部ピーマン部会、JAくまズッキーニ部会▽特別賞=JA菊池野菜園芸部会ゴボウ部会▽秀賞=JA熊本うき 園芸部会苺専門部会、JAたまな園芸部連絡協議会西瓜専門部会、JA鹿本植木基幹支部促成ナス部会、JA阿蘇トマト生産協議会(中部トマト部会および南部トマト部会)、JAかみましき 第一営農センターにら部会、JAれいほく園芸部会ミニトマト部