熊本の農畜産物

【トマト】熊本産で健康づくり 「「エスクレオサイドA」新しい機能性PR 県挙げ消費拡大まつり/JA熊本経済連

2020.02.08
豪華賞品が当たるトマトボール投げ抽選会

 JA熊本経済連と熊本県、県野菜振興協会は2日、合志市にある県農業公園カントリーパークで「くまもとトマトまつり」を開いた。日本一のトマト産地として生産者やJAグループ、県が一丸で、消費者にトマトやミニトマトを、よりおいしく食べてほしいとの思いで開いた。
 
 同会場で開催中の「JA植木まつり」の来場者に向け、JA女性部らによるトマト料理の試食・紹介や、トマトすき焼きセットなどの賞品が当たる抽選会を企画。多くの来場者でにぎわった。

 主催者の蒲島郁夫知事は「トマトにはリコピンなど体に良い成分が豊富に含まれている。トマトを毎日食べて、健康に過ごしてもらいたい」とPRした。
 経済連の加耒誠一会長は「経済連で『トマトプロジェクト』を立ち上げ、新しく発見された機能性成分・エスクレオサイドAを生かし、販売促進活動を強化して消費拡大に努めていく」と力を込めた。

 会場では、「エスクレオサイドA」の機能性に関するパネル展示や、機械にタッチするだけで健康度が測定できる生活習慣チェックもあった。