新着情報

【夏秋野菜】販売実績97億5000万円 総合検討会/JA熊本経済連

2020.01.31

 JA熊本経済連・青果物コントロールセンターは1月中旬、熊本市で2019年産夏秋野菜生産販売総合検討会を開いた。県内JA、取引市場の関係者ら30人が出席。次年度は産地、消費地双方の課題を踏まえながら、センターを中心に生産から販売まで一貫した対応強化に力を入れることを確認した。

 19年産夏秋野菜は、台風や曇天・長雨による日照不足の影響で、出荷が不安定な時期もあったが、トマト、アスパラガス、ナスなど多くの主要品目で前年数量 を上回る出荷となった。販売目標80億円に対し、販売実績は97億5000万円と、計画を大きく上回った。