新着情報

【未来塾】修了リポート発表 齊藤さん最優秀/JA熊本中央会

2020.01.22
最優秀賞に輝いたJA阿蘇の齋藤さん

 JA熊本中央会は1月中旬、合志市のJA熊本教育センターで未来塾修了リポート発表会を開いた。2019年度の塾生14人が研修の集大成として、JAの目指すべき姿、経営改革の在り方などを発表。最優秀賞にはJA阿蘇の齊藤光弘さんを選んだ。齊藤さんは2月20日に東京都で開かれる全国大会に県代表として参加する。
  
 発表会にはJA・連合会の役職員、青壮年部、女性組織役員ら約160人が参加。塾生らは昨年5月から10回・計25日間、JAの理念、組織マネジメント、企画提案などを学んだ。

 齊藤さんは「阿蘇トレジャーマーケット 廃棄ロス ゼロを目指して」と題して発表。形や大きさで規格外品となる農産物をJAが各施設で無人販売し、消費者に安く提供する仕組みを提唱。販売所の様子をライブカメラでネット配信し、誰でも在庫が見えるようにすることを訴えた。農家の所得向上とともに、JAは集荷販売で収益を得られるとした。

 齊藤さんは「廃棄される農産物は県内で年間3万トンもある。今捨てられている品を宝の山に変えよう」と提案した。

 未来塾の修了生でJAやつしろの太田一樹さんが「『ありがとう』があふれるJAを目指して」と題し、実践事例を紹介した。

 他の受賞者は次の通り。
 ▽優秀賞=白石一斗(JAあまくさ)田上房美(JAくま)小林美咲(経済連)佐藤潤一(JA菊池)