新着情報

【コンベンション】協同組合の理念事業を再確認/熊本県提携推進会議

2019.12.21

 JAグループ熊本や県生活協同組合連合会など11団体でつくる県協同組合間提携推進会議は12月中旬、合志市のJA教育センターで2019くまもと協同組合コンベンションを開いた。協同組合の理念や事業、活動で情報共有し、将来の協同組合間の事業連携につなげるのが狙い。

 構成団体などから100人が参加した。協同組合の役割や重要性を学びながら、各協同組合の講演や発表に耳を傾け、交流を深めた。パネル展示や物品販売もあった。

 日本協同組合連携機構(JCA)の前田健喜協同組合連携部長が「SDGsと協同組合、協同組合間協同について」と題して講演。「協同組合のみんなが、SDGsが描くような協同を基調とする良い世の中に向かって、少しずつ進んでいくことが大事だ」と述べた。参加者らは、協同と相互扶助の精神を学んだ。