新着情報

【大豆】格付け程度を統一 熊本県JA農産物検査協/JA熊本経済連

2019.12.19
等級を付ける農産物検査員

 熊本県JA農産物検査協議会(事務局=JA熊本経済連)は12月上旬、県内での大豆検査の本格化に合わせ、2019年産大豆の検査程度統一会を開いた。JAの農産物検査員ら50人が参加。各JAの今年産大豆試料32点を、JA農産物検査員が「大粒」「中粒」「小粒」ごとに格付けした。

 協議会と九州農政局が格付けした等級と照らし合わせ、検査程度の統一を図った。