新着情報

【図画作】山田、豊住さん県知事賞に お米作文・図画コン/JA熊本中央会

2019.12.10
県知事賞を受賞した山田さん㊧と豊住さん

 JA熊本中央会は12月上旬、熊本市で第44回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクールの表彰式を開いた。米の良さと食料・農業の大切さを学んでもらう狙い。熊本県知事賞には作文の部で山田悠人さん(熊本市立向山小学校4年)、図画の部で豊住兼伍さん(熊本市立飽田西小学校6年)を選んだ。
 
 県内小・中学校から作文の部に2241点、図画の部に2440点の応募があった。山田さんは母が握ったおにぎりを力に野球に打ち込む姿を、生き生きとまとめた。豊住さんは、家族が田植えをする様子を色鮮やかに描いた。豊住さんは「お父さんが田植え機に乗って苗を植えているところが一番難しかった。大きな賞をもらって夢のような気持ち」とうれしそうに語った。

 JA全中が実施した全国コンクールでは、作文の部で山下桃葉さん(菊陽町立菊陽中部小学校1年)、図画の部では、米村珠之助さん(熊本市立桜山中学校1年)が優秀賞に輝いた。

 JA熊本中央会の宮本隆幸会長は「食べ物の大切さや農業の役割、自然を大切にする心、家族や友達を大切にする心を養ってください」とあいさつした。