新着情報

【堆肥】綱田牧場が知事賞獲得 熊本県耕畜連携推進協堆肥共励会表彰

2019.11.30

 熊本県や農業団体でつくる県耕畜連携推進協議会は11月中旬、2019年度県堆肥共励会表彰式と、堆肥による土づくりセミナーを熊本市で開いた。堆肥の生産者や、農業団体・行政関係者ら90人が出席。最高賞の知事賞に綱田牧場(芦北町)が選ばれた。

 共励会は、良質堆肥の生産技術向上と利用促進を目的に毎年開き、23回目。19年は乳牛や肉牛など6部門に105点の出品があり、成分や臭気、形状を審査した。

 協議会の上村佳朗会長は「年々、出品された堆肥の品質は向上している。今年は完熟堆肥の割合が82%と、過去最高となった。耕畜連携を一層進めてほしい」とあいさつした。

 
 その他の受賞者は次の通り。
 ▽公益社団法人熊本県畜産協会会長賞・乳牛部門=マルナカファーム(錦町)▽肉牛部門=増永健志(美里町)▽中小家畜部門=綱田牧場(芦北町)▽熊本県農業協同組合中央会代表理事会長賞・作物部門=きくちのまんま有機支援センター菊池(菊池市)▽熊本県耕畜連携推進協議会会長賞・耕畜連携部門=松高春男(八代市)▽新人部門=増永健志(美里町)