身近なJA組織

『地上』155部を農大校に贈る/熊本県農協青壮年部協

2019.10.30
川口副校長に「地上」を手渡す前本委員長㊧

 熊本県農協青壮年部協議会は28日、県立農業大学校に家の光協会発行の雑誌『地上』11月号を155部贈った。前本勝委員長が合志市の同校を訪問。農業や食農教育の教材として役立ててもらおうと、川口靖浩副校長に手渡した。

 前本委員長が「『地上』を読んで青壮年部に興味を持ってもらい、将来就農する人に青壮年部に入ってほしい」とPR。川口副校長は「農大生は将来の後継者。ぜひ講義に活用したい」と礼を述べた。

 協議会は2014年から地域貢献活動の一環で同校に『地上』を贈っている。今回で6回目。