新着情報

【進発式】満足度向上させ事業目標達成を/JA熊本経済連グループ

2019.10.16

 JA熊本経済連は10月上旬、JA熊本経済連グループ下期事業進発式を開いた。2019年度計画達成に向け経済連グループ総力を挙げて取り組む中、役職員とグループ子会社の従業員が目標達成を誓った。

 同経済連では19年度の重点取り組み事項として①生産基盤の拡大と県産農畜産物の販売力の発揮②生産・流通コストの低減と事業競争力の強化③経済連グループ経営基盤の強化――を掲げ、上期事業の成果を下期へ引き継ぎ、事業取り扱い計画の達成を目指す。

 式では、販売、購買、農政・営農・管理部門、グループ子会社それぞれの代表が、下期への意気込みと目標を発表し、具体的に取り組むための方向性を示した。

 松下隆裕専務は、上期の事業実績や豚コレラ、日米貿易交渉などの世界情勢に触れた上で、「組合員・JAの満足度を向上することが最重要。役職員全員が共通の目標に向かい、一人一人が自分の役割と責任を果たしてほしい」と強調した。