新着情報

【防疫対策】防疫管理の徹底再確認 豚コレラ緊急防疫対策会議/JA熊本経済連

2019.10.09

 JA熊本経済連は、豚コレラの予防的ワクチン接種を明記した防疫指針の改定案が発表されたことを受け、豚コレラ緊急防疫対策会議を開いた。JAの担当者、生産者、熊本県畜産課、関連会社など約20人が参加した。

 同経済連が、日本国内における豚コレラの発生状況や、諸外国におけるアフリカ豚コレラの発生状況などについて報告。農場での防疫管理の徹底を再確認した。また、防疫指針の改定案、JAグループとしての考え方、意見・要望案についても説明し、出席者に意見・要望を広く求めた。

 生産者からは、ワクチン接種の費用負担、と畜場での交差感染などの不安の声や、アフリカ豚コレラ侵入防止緊急支援事業に関する質問・意見が多く上がった。近隣県での発生確認した場合の速やかな初動体制確立の要望も出た。

 同経済連は、これらの生産者の声を踏まえた意見・要望書を作成し、JA全農グループへ提出する。
 
 JA全農グループは、各県からの意見・要望書を取りまとめ、政府・与党への要請、パブリックコメントへの意見提出をする。