新着情報

【販促活動】JA生産部会女性部の意見収集/熊本経済連など

2019.08.28

JA熊本経済連と県青果物消費拡大協議会、県野菜振興協会は8月中旬、熊本市内でJA生産部会女性部との意見交換会を開いた。県内JAのトマト、イチゴ、スイカなどの生産部会女性部や熊本県、同経済連などから約85人が参加した。

 経済連の加耒誠一会長は、産地女性部による消費地での販売促進活動について「産地の顔が見える関係づくりとして消費地からも期待されている」と強調。「安全・安心と健康志向が高まる中で、女性部の協力は必要不可欠だ」と話した。

 JAやつしろの黒木初美さんは、意見交換の中で「県産青果物に消費者が持つイメージ・認知度を知り、さらに品質向上に努めていく必要性を感じた」と話した。