新着情報

【米】天草産コシ 食卓に 熊本パールライス出発式/JA熊本経済連

2019.08.08
テープカットをする関係者

 熊本パールライスは5日、菊陽町の同社で2019年産早期米「コシヒカリ」の販売開始出発式を開き、県内トップを切って天草地域で生産した新米の出荷を始めた。JAあまくさ管内では7月下旬の初検査を皮切りに現在、順調に刈り取りと検査が進んでいる。

 同社によると、作柄は良好で品質も良く、今年産は炊き上がりの光沢も良い。販売数量は18年産より100トン多い精米500トン、玄米100トンを計画している。

 出発式にはJA熊本経済連やゆめマート熊本、エーコープ熊本、ユーユーフーズなどから約30人が出席。熊本パールライスの児玉静二社長が「生産者が育てた安全で安心できるおいしい米を、全国に届けることが私たちの使命」とあいさつ。関係者がテープカットをして、新米を積んだトラックを見送った。
 
/
 新米は、JA熊本経済連グループの直売所「you+youくまもと農畜産物市場」(熊本市北区)内の同社直営店「熊水乃蔵」など、県内外のスーパーで販売する。