新着情報

甲子園頑張って 熊本工に農産物/JAグループ熊本

2019.08.02
県代表として出場する熊本工業高校の野球部員

 JAグループ熊本は7月31日、第101回全国高等学校野球選手権に県代表で出場する熊本工業高校に、県産米「くまさんの輝き」100キロやJA阿蘇のトマトなどを贈った。贈呈式は熊本市中央区のJA熊本県会館で開き、同校の井上龍一校長や、野球部主将の梶原凌介さんら野球部員、関係者ら約20人が目録を受け取った。

 大会での活躍を期待し、JA熊本中央会の宮本隆幸会長、JA熊本経済連の原山寅雄副会長、同経済連の松下隆裕専務が贈呈した。宮本会長は「地元熊本のお米を食べて精いっぱいプレーしてください」と激励。井上校長は「食材で栄養を取り、素晴らしい試合ができるよう頑張る」と意気込みを語った。

 選手を代表して梶原主将が「食べて試合の糧にしたい」と決意表明した。

 県産食材の冷凍米飯、熊本特産「玉緑茶」のペットボトル茶「森のくまさん」も贈った。

 同校は6年ぶり21回目の出場となる。