新着情報

【労務管理マニュアル】作成 漫画で分かりやすく 農家や営農法人向け/JA熊本中央会

2019.06.24
熊本中央会が作成した労務管理マニュアル(熊本市で)

 JA熊本中央会は、農家向けの労務管理マニュアル「まんがでわかる! 農業版! これから人を雇うときのポイント40」を作成した。雇用する農家やJA選果場などの関係者が、労働雇用関係の法律を理解するのに役立てる。「マイナンバーってなんだろう」「外国人技能実習生の労働条件」「働き方改革関連法スケジュール」など40項目を説明。4人家族のトマト農家が登場する漫画仕立てで、親しみやすくなるよう工夫した。

 熊本県の補助金を活用して8000部を作成。雇用経営の農家を中心にJAや地域営農法人、認定農業者や市町村へ配布した。社会保険労務士の西原哲朗氏が監修した。
 農業者の高齢化や担い手の減少、熊本地震の影響などで生産現場や集出荷所・選果場での労働力不足が深刻になっている。雇用される側の視点でより良い労働環境を整え、労働力の安定確保につなげる。

 テーマごとに見開きで構成する。右側のページでは、漫画でテーマに沿った問題や疑問を示す。左側のページでは文章や図表を用いた解説を掲載。さらに、重要な部分を「ポイント」としてまとめ、より分かりやすい内容を目指している。

 中央会担い手・法人サポートセンターの藤川修朗所長は「労務管理の事項は専門用語が多く、難しい内容になりがちなので、気楽に読んでもらえるように努めた。より良い労働環境で農業のイメージアップにつなげたい」と話す。

 今後、県内JAが主催する労務管理研修会の教材としても使う。新規就農研修生や農業大学校生らにも利用してもらう。