新着情報

【農産物検査員】育成で研修/JA熊本経済連

2019.06.12

 熊本県JA農産物検査協議会とJA熊本経済連は5月下旬、2019年度の農産物検査員育成研修会を開いた。農産物検査法関連の座学研修、分析実習、鑑定実習など全17回実施。県内JAの農産担当者ら15人が農産物検査員資格取得を目指す。

 開講式で経済連農産部の馬場元治次長は「農産物検査は生産者にとって品質改善の指標。鑑定技術の向上が消費者の信頼にもつながる。意義を理解し研修に臨んでほしい」とあいさつした。