熊本の農畜産物

【コラボ】不二家、県、JA果実連と協定 県産品を利用促進 来月に新商品発売/JA熊本経済連

2019.04.26
(左から)JA熊本果実連の橋本明利会長、ペコちゃん、㈱不二家の山田憲典会長、蒲島郁夫熊本県知事、JA熊本経済連の加来誠一会長、くまモン

 JA熊本経済連は22日、菓子メーカーの不二家、JA熊本果実連、熊本県の3者と「熊本県農産物等の利用促進に係る連携協定」を締結した。県産農産物などの利用を促進し、農業をはじめ、地域経済を活性化させるのが目的。県産農産物を使った不二家での商品開発・販売を進める。4者が連携して全国へ商品と県産農産物のPR、認知度向上に取り組む。

 経済連の加耒誠一会長は「県産農産物の素材を生かした商品を開発していただき、消費者においしいと思っていただければ幸い。連携協定が熊本県の農業の発展と県産農産物の認知度向上につながることを願う」とあいさつした。

 締結式では、「熊本県産肥後グリーンのプレミアムショートケーキ」と「熊本県産甘夏のタルト」を試食した。出席した蒲島郁夫知事は「フルーツがたっぷり使われており、甘さ控えめで大変おいしい」と感想を述べた。ショートケーキとタルトは5月10日から不二家洋菓子店が順次発売する予定。