新着情報

【ふれあいさん】宅配ふれあい食材の知識磨く/JA熊本経済連

2019.03.27
商品説明を聞く参加者

 JA熊本経済連は20日、熊本市でJAふれあい食材モニター員・ふれあいさん合同研修会を開き、JAふれあい食材宅配事業で研修した。ふれあい食材を利用する会員から選んだモニター員や食材を宅配する「ふれあいさん」ら約90人が参加した。

 食材の知識を深めてもらい会員の満足度向上を目指す。毎年開く。経済連は①県産・国産農畜産物を優先的に使う②原材料の証明がないものは原則不使用③合成着色料・保存料などの食品添加物は極力控える――など、ふれあい食材の商品採用までの基準や流れを説明。品質をPRした。

 経済連生活総合課は「健康で豊かな食生活に貢献することを目的に、安全・安心な食材を届け、会員の満足度向上と会員拡大を目指したい。昨年12月にホームページを開設した。インターネット交流サイト(SNS)とも連携させ効果的な情報発信をしていく」と話した。