新着情報

【農大】卒業式 希望胸に73人巣立つ/熊本県立農大校

2019.03.10
答辞を述べる木村さんと卒業生(9日、熊本県合志市で)

 熊本県立農業大学校は9日、第40回卒業式を合志市で開き、2年間学んだ73人が卒業した。大半が就農や農業関連産業へ就職する。

 荒木亮校長は「新しい時代の主役。果敢に挑戦し活躍してください」と期待した。JA熊本中央会の宮本隆幸会長は「農業課題を 克服するためにも、若い力と新しい発想が不可欠。熊本農業を担う社会人、地域のリーダーとして活躍いただきたい」とエールを送った。

 卒業生を代表し、野菜学科野菜Aコースの木村保奈美さんが「農大の友人は自分の夢を持っています。語り合った日々は一生忘れません。お互い励まし合って頑張ります」と答辞を述べた。

 同校の 卒業生は3200人超。卒業生の6割以上が就農し、担い手やリーダーとして活躍する。