新着情報

【料理コン】濱さん(ごはん・おかず部門)、宮原さん(デザート部門) 最優秀/熊本県酪農女性部協と県酪連

2019.02.20
コンクールの参加者と審査員ら

 熊本県酪農女性部協議会とらくのうマザーズ(熊本県酪農業協同組合連合会)は、2月上旬、熊本市で牛乳・乳製品を使った料理コンクール(実技審査)を開いた。最優秀賞には、ごはん・おかず部門で濱美央さん(尚絅大学)が考案した「野菜たっぷりキッシュ」が、デザート部門では宮原優月さん(慶誠高校)の「ブルーベリーのレアチーズケーキタルト」がそれぞれ輝いた。

 県内の酪農家や一般消費者、学生から応募された406作品の中から、書類選考を通過した7人が参加。60分間で、牛乳、バター、ヨーグルトなどを使い、工夫を凝らしたメニューを競った。完成した料理は審査員が試食し採点した。

 コンクールは、一般消費者に牛乳・乳製品の正しい知識や料理の普及、消費拡大を目的に開催。今年で14回目となる。

 その他の結果は次の通り。

 ◇ごはん・おかず部門▽優秀賞=緒方美海(熊本農業高校)「さつまいもグラタン」▽優良賞=森田昌子(一般)「じゃがいもと玉ねぎの重ね焼き」吉村菜々香(南稜高校)「ガレット風ピザ」
 ◇デザート部門▽優秀賞=冨田美恵子(常盤学園)「ヘルシーかもしれないヨーグルトケーキ」▽優良賞=中根惠子(酪農家)「“カティチーズ”肥後自慢(冬)!」