熊本の農畜産物

【アリアム】「くまもと踊る丹頂」 県産統一ロゴ作成 差別化で販売強化狙う/JA熊本経済連

2019.02.20
アリアム「踊る丹頂」県統一ロゴマーク

 JA熊本経済連は、県産ブランドのアリアム「くまもと踊る丹頂」(品種「丹頂」)で県統一ロゴマークを作成し、今季から使用する。出荷箱は県内産地ごとで違うが、今後、統一マークを箱にあしらう。県域で品質を高めているブランド品目だとPR。販売強化につなげる。他品種との差別化も狙う。

 一般的なアリアムは茎がほぼ直線だが、「くまもと踊る丹頂」は独自の生産方法により、不規則で幾何学的な曲がった形になっている。高い技術とオリジナル性が市場関係者だけでなく、生け花関係者からも高い評価を集める。全国的に知名度を誇る県独自のブランド商品だ。

 JAグループくまもとアリアム専門部会を中心に栽培技術の研究や販売促進活動をしている。現在、「くまもと踊る丹頂」はJA熊本市、JAやつしろ、JA阿蘇、JAあまくさの管内で栽培する。

 2018年度のアリアム作付面積は229アールで、1~6月ごろまで出荷する予定。約84万7000本を見込む。うち「くまもと踊る丹頂」は約4割を占める。

 経済連は「生産者の高い技術で作り出される『くまもと踊る丹頂』を守り、統一ロゴマークを基にブランド強化と全国的な認知拡大につなげたい」と強調。今季は、マークを印刷したシールを既存の出荷箱に貼って使う。