新着情報

【家の光】熊本県家の光大会 県代表2人決まる/JA熊本中央会

2018.12.20

 JA熊本中央会と家の光協会は18日、熊本市で第66回県家の光大会を開いた。教育文化活動の活性化が目的。『家の光』愛読者や女性部、青壮年部、JA・連合会役職員ら約800人が参加した。記事活用体験発表では「『家の光』がつなぐ地域の輪」と題して発表したJA鹿本の小泉清美さんを、普及・文化活動体験発表では「JA大矢野!エイエイOh矢野!JAってよかばい!作戦」を発表したJAあまくさの松本たまきさんをそれぞれ最優秀賞に選んだ。2人は県代表として、来年2月6、7日に開催される全国家の光大会に出場する。

 第41回ちゃぐりん読書感想文では、八代市立文政小学校3年の宮本恭佑さんが最優秀賞を受賞し、作文を朗読した。

 女性部活動発表大会もあり、各グループが地域ならではの踊りや楽器の演奏を披露して会場を盛り上げた。

 その他の表彰者は次の通り。

 ◇中央会表彰▽「家の光」特別普及=JA菊池▽「家の光」12月号特別運動優績=JA菊池、JAあまくさ▽「地上」11月号特別運動優績=JA熊本うき▽「ちゃぐりん」8月号特別運動優績=JA熊本市
 ◇家の光協会表彰▽「家の光」普及功労団体=JA菊池▽「地上」普及功労団体=JAかみましき▽「ちゃぐりん」普及功労団体=JA阿蘇
 ◇中央会・家の光協会表彰▽優良読書グループ=JA熊本市天明SOYO風
 ◇記事活用体験発表▽優秀賞=西岡敦子(JA熊本市)齋藤信子(JAたまな)徳永泰子(JA菊池)藤村訓子(JAかみましき)栗秋玲子(JAくま)山下マスミ(JAあまくさ)