身近なJA組織

一日も早く営農再開へ 被災地の仲間に募金/熊本県農青壮協

2018.11.02
募金を手渡す前本委員長(左から4人目)

 熊本県農協青壮年部協議会は10月30日、青壮年部の部員から集めた募金をJA都道府県青年組織委員長・事務局拡大合同会議に合わせて、西日本豪雨や北海道胆振東部地震で被災した岡山県、広島県、愛媛県、福岡県、北海道の青壮年部に贈呈した。

 前本勝委員長は「熊本地震の際に多くの部員から支援があったことに対し改めて感謝する。今後も被災県へ支援を継続していきたい」と伝えた。

 福岡県青協の古賀努委員長は「被災地の一日も早い営農再開に向けて有効活用させていただく」と述べた。