身近なJA組織

【青壮年部大会】横田さん(JA鹿本)最優秀/JA熊本県青壮年部大会

2018.10.31

 熊本県農協青壮年部協議会は26日、熊本市で「2018年度JA熊本県青壮年部大会~地上大会」を開いた。部員ら約300人が出席し、農業経営の確立や組織活性化を図った。主張発表ではJA鹿本青年部の横田大輔さん、組織活動実績発表ではJAたまな青壮年部の倉野尾知弘さんが、それぞれ最優秀賞を受賞した。

 横田さんは、JAを窓口とした作業委託の受け入れを提案する内容で、自身の経営改善の実績と地域農業の展望を力強く語った。倉野尾さんは部員と「アグリサポート岱明(AST)」を設立し、低コスト耐候性ハウスの経費削減につなげた活動を発表した。

 1分間動画発表では、JAくま青壮年部(山江支部)が最優秀賞、JA熊本市青壮年部(天明支部)が優秀賞を受賞。各代表は、11月に沖縄県で開かれる九州大会に出場する。

 手づくり看板コンクールは、JA菊池青壮年部(菊陽支部)が最優秀賞に輝いた。優秀賞のJAかみましき青壮年部(益城支部)とJAくま青壮年部(湯前支部)の2作品と共に、全国コンクールに推薦される。