新着情報

【ロアッソ】農業理解深めてJ2ジュニア支援/JAグループ熊本

2018.08.24
宮本会長からユニフォームの目録などを受け取るジュニアチームの岩永選手㊧ら

 JAグループ熊本は今回初めて、J2のサッカーチーム・ロアッソ熊本のジュニアチームのユニホームスポンサーになった。胸元にJAマークの入った赤いユニホームで子どもたちを応援する。農業の役割や魅力、JAについて理解を深めてもらう狙い。

 21日、熊本市内で贈呈式を開いた。連合会の常勤役員ら関係者約70人が集まった。
 ユニホームを受け取った、チームで キャプテンを務める 岩永大輝さんは「ユニホームを着て、次の全日本少年サッカー大会で 優勝を目指したい」と謝辞を述べた。

 JA熊本中央会の宮本隆幸会長は「JAマークは安全で安心な食べ物を作っている証。熊本で育った米や肉、野菜を食べてたくましく成長してほしい」とエールを送った。

 10月28日のJ2リーグロアッソ熊本ホームゲーム(ファジアーノ岡山戦)は、JAグループ熊本サンクスマッチとして開催する。