熊本の農畜産物

【米】集荷115万俵目標必達へ/くまもと売れる米づくり推進大会

2018.07.19
頑張ろう三唱をする参加者

 くまもと売れる米づくり推進本部は13日、熊本市で「平成30年度くまもと売れる米づくり推進大会」を開いた。米集荷115万俵(1俵60キロ)の目標を確認した。生産者やJAグループ役職員、取引市場、行政関係者ら約260人が参加した。

 宮本隆幸本部長(JA熊本中央会会長)が「県産米のブランド力、価格交渉力を強化し、農業者の所得増大を図っていく」と力を込めた。

 JAあまくさの川口義英組合長は「消費者の信頼に応える、安全・安心でおいしいくまもとのお米の安定供給のため、集荷目標の達成と生産基盤の維持強化を目指す」と大会宣言して締めくくった。