新着情報

【農機】制度資金、関連補助事業など研修/JA熊本経済連

2018.07.11

 JA熊本経済連は農業機械に関する制度資金や補助事業について研修会を開き、県内JA・メーカーなどから約40人が参加した。農業機械に関する制度・補助事業の知識を深めるため、年に1回開いている。

 熊本県農林水産部の4人が、制度資金・補助事業の概要や農作業事故防止の対策などを講演した。農業技術課の宮崎裕子氏は、土づくりを基本とした化学肥料・農薬削減などへの推進支援を目的とした「地下水と土を育む農業育成事業」を説明。農地・担い手支援課の平田修氏は経営体育成支援事業について、事業内容や助成対象となる経営体など具体的な事業内容を挙げ紹介した。

 経済連農機燃料部の西山恵一部長は「2018年度は、農機事業の伸び悩みが懸念される中、さまざまな補助事業が用意されている。役立ててほしい」とあいさつした。