新着情報

【会長就任】新会長に宮本隆幸氏/JA熊本中央会

2018.07.02
会見する宮本会長

 JA熊本中央会・各連合会は29日、熊本市で通常総会を開いた。2017年事業報告・収支決算、役員の補欠選任など各議案を全て承認した。中央会会長に宮本隆幸氏(64)が就任。宮本会長は、全共連県本部運営委員会会長と厚生連会長、JAバンク熊本運営協議会議長を兼務する。

 宮本会長は「農家の未来を第一に考えるJA・連合会にしていきたい」と述べた。加来誠一経済連会長は「JAや組合員あっての経済連。常に連携を取りながら事業展開をしたい」と述べた。

 17年度、中央会は①持続可能な農業・農村の実現②JA自己改革への支援とJAへの理解促進③中央会企画機能・体制整備――など7項目に注力。経済連は営農指導体制の強化、県産農畜産物の生産基盤の維持・拡大、販売力の発揮、生産コスト低減に努めた。厚生連は新たな健診事業戦略の展開など6項目の実践に取り組んだ。

 その他の役員は以下の通り。

 ▽中央会・厚生連副会長=梶原哲(JAかみましき・58)▽中央会・経済連・厚生連代表監事=丁道夫(JAあしきた・62)