新着情報

【肉牛】熊本経済連肉牛枝肉販売促進会 Gチャンプ 東謙一さん/JA熊本経済連

2018.06.09
グランドチャンピオンに選ばれた東謙一さん㊥

 JA熊本経済連は6月上旬まで5日間、菊池市の熊本畜産流通センターで、第12回JA熊本経済連肉牛枝肉販売促進会を開いた。県内生産者が育てた肉牛73頭(乳用種5頭、交雑種16頭、褐毛和種5頭、黒毛和種47頭)が出品され、審査の結果、東謙一さん(JA菊池)出品の黒毛和種がグランドチャンピオンに輝いた。枝肉は、杉本本店が1キロ単価6010円の高値で落札した。
 生産農家の経営安定の他、県産牛の肉質向上とブランド確立を目的に、毎年開いている。チャンピオン牛は枝肉重量572.8キロ、肉質等級A5、BMS(脂肪交雑)ナンバー12。血統は父が「美津照重」、母の父が「安福久」、祖母の父が「忠冨士」。

 東さんは「皆さんに助けられて牛を飼っている。初受賞でうれしい。競い合いながら熊本県産牛の付加価値を高めていきたい」とあいさつ。同経済連の加来誠一会長は「配合飼料価格の高止まりなど厳しい状況だが、生産農家の経営安定につながるよう全力で取り組み、経営基盤拡大と地域貢献に努めていく」と述べた。

 入賞者は次の通り。

 ◇黒毛和種の部▽金賞=東謙一(JA菊池)▽銀賞1席=佐々隆文(JA菊池)▽銀賞2席=斉藤清次(JA菊池)▽銅賞=守川英子(JA菊池)坂本覚(JAくま)◇褐毛和種の部▽金賞=麻井高治(JAかみましき)◇交雑種の部▽金賞=中河原三郎(JAたまな)▽銀賞=中野英治(JA菊池)▽銅賞=東孝一(JA菊池)◇乳用種の部=該当なし