新着情報

【営農】営農指導員研修磨け現場対応力/JA熊本中央会

2018.05.18
熱心に話を聞く参加者たち

 JA熊本中央会の担い手・法人サポートセンターは10日、合志市のJA教育センターでJA営農指導員養成研修会を開いた。営農指導員の資質向上が目的。24人が参加した。

 同センターの藤川修朗所長は「営農指導員の知識・技術の向上は、JAグループの基本目標である農業者の所得増大、農業生産の拡大を果たすために不可欠だ。JA全体で自己改革に取り組むのはもちろん、研修を通して現場対応能力を高め、業務にまい進してほしい」と述べ、激励した。

 今後、必須講習コース4回、筆記試験コース4回の研修会を開き、来年1月25日に実施予定の営農指導員の全国統一資格認定試験合格を目指していく。