新着情報

【植木まつり】競売収益金贈る 合志市に/JA熊本経済連

2018.04.06
濵田副市長へ目録を手渡すJA熊本経済連の冨永保人常務㊨

 JA熊本経済連の役職員らは3月下旬、合志市の合志庁舎を訪れ、「第43回JA植木まつり」の期間中に5回行ったチャリティーオークションの収益金約17万円を贈った。
 JA植木まつりは、同市の県農業公園カントリーパークで1月20~2月19日の31日間行われ、毎週日曜日にチャリティーオークションを実施した。開催地へ感謝の気持ちを込め、市の活動に役立ててもらおうと、県内11JAの植木まつり出品者や協賛企業、同経済連から庭木、苗物、花、特産品など約160点が集まり、来場者が自由に参加して落札した。

 合志市の浜田善也副市長は「JA植木まつりがあることで、合志市のPRになっている」と述べ、JA熊本経済連の冨永保人常務から目録を受け取った。