新着情報

【植木まつり】18万人が楽しむ/JA熊本経済連

2018.02.26
出品者らによる三本締めで幕を閉じた

1月20日から2月19日まで、合志市の熊本県農業公園カントリーパークで行われた「第43回JA植木まつり」が閉幕した。県内のJAからマツ・マキ・ツゲなどの庭木、洋ラン・花苗・観葉植物などの花鉢・苗物、特産物など約120万点が展示即売された。延べ18万人が訪れた。
 期間中、例年にない寒波が襲い、平均気温が摂氏0度を下回る日が8日間あった。厳しい寒さが続く中「毎年楽しみにしているお客さんのために」と、関係者は31日間、思いを一つにイベントを切り盛りした。
 庭木部門は果樹苗が好調な売れ行きだった。ハウス部門では定番のボタン、ユリの球根が好評。手軽でかわいい多肉植物やドライフラワーを使った植物標本「ハーバリウム」は若い世代を中心に人気が出た。特産部門ではカンショなど各地の特産品や串焼き、芋天などが人気だった。

 「展示・接客・商品力」を来場者が評価、投票した「植木まつりグランプリ」では、庭木部門で岩下造園(JA阿蘇)、庭園部門で古閑英稔さん(JA阿蘇)、ハウス部門でガーデンショップ菊水ナーセリー(JA鹿本)、特産部門で松岡水産(JAあまくさ)が優勝した。
 「庭木グランプリ」では太田緑花園(JA熊本市)が出品した大物庭木のマキが最優秀賞に選ばれた。