新着情報

【県立農大】創立40周年 節目祝う/熊本県立農業大学校

2017.11.15
漢字で決意表明した在校生5人

 県立農業大学校は11日、合志市で創立40周年の記念式典を開いた。卒業生や後援会員、関係機関の関係者ら約470人が集まり、節目の年を祝った。
 主催者を代表し、卒業生で40周年記念事業実行委員会の堤慎一委員長が「農大校が本県になくてはならないことを誇りに思う。今後も常に農の志を耕しながら頑張っていく」と誓った。
 小野泰輔副知事、山口裕県議会農林水産常任委員長、小崎憲一JA熊本中央会会長が祝辞を述べた。「農大40年の軌跡」と題した約8分間の動画を上映。在校生5人が決意表明した。
 式典後は、10期生で農業コンサルタント、農テラスの山下弘幸代表が「熊本農業。未来が変わる。未来がわかる。」をテーマに後援。パネルディスカッションでは、1期生の澤村輝彦さん、梶原哲JAかみましき組合長、同校の荒木亮校長らが同校の今後について意見を交わした。