新着情報

【研修会】最新の農機や技術学ぶ/JA熊本経済連

2017.11.14

最新機種の説明を聞くJA農機担当者
 JA熊本経済連は、益城町のグランメッセ熊本で2017年度下期農業機械新製品・新技術研修会を開いた。環境に配慮したエンジンを搭載した機種や、GPS(衛星利用測位システム)で直進をアシストする自動操舵(そうだ)技術を取り入れたものなど、新製品が出そろった。県内JAから農機担当者ら約90人が参加。特徴や使い方を学んだ。
 研修会は、農機メーカーが新製品を発表する時期に合わせ、春と秋に開いている。JA熊本経済連の農機燃料部は「初荷推進運動も始まる中で、農家組合員のため生産コストの低減と省力化に寄与していきたい」と話す。