新着情報

【研修会】肥料農薬の知識 新任職員ら研修/JA熊本経済連

2017.08.17
ワークショップで意見を交わす参加者

 JA熊本経済連は、合志市のJA教育センターで新任職員肥料農薬研修会を開いた。県内のJAから営農・購買部門の新任職員ら約80人が参加した。
 人材育成の一環で昨年から実施。JA熊本中央会・連合会担い手・法人サポートセンターのJA営農指導員新任研修会と合同で開いた。
 経済連生産資材部の職員が講師となり、肥料や農薬、生産資材の基礎を説明。関連の法令や注文方法など、実用的な知識も伝えた。より理解を深めてもらおうと、今回からは新たにワークショップ形式も取り入れ、組合員から肥料・農薬の注文があった場合や害虫の相談を受けた場合を仮定して、適切な対応についてグループで話し合った。
 経済連の小原哲郎生産資材部長は「農家組合員から寄せられている大きな期待に応えるため、意欲を持って知識習得をしてほしい」と話した。
 今後も数回の研修会を予定しており、営農・購買担当職員の専門性向上をサポートする。