新着情報

【研修会】市場若手社員を産地に招き研修/JA熊本経済連

2017.03.22
圃場を視察する参加者

 JA熊本経済連は、青果市場の若手社員を熊本県に招き、産地での研修会を開いた。まだ担当地域や担当品目を持っていない若手の社員に熊本の農業に親しみを持ってもらい、今後の販売強化につなげてもらう狙い。経済連の東京事務所、名古屋出張所、大阪事務所、福岡出張所管内の主要取引市場17社から参加者が集まった。
 2年に1度、県産の青果物の研修会を開催している。今回は果実をメインに研修。各産地JAの選果施設や圃場(ほじょう)を視察した。同経済連の選果施設「第二園芸集送センター」では、選果の様子を見学。県内の4JAを回り、メロン、スイカ、イチゴの圃場でJA担当者から直近の作柄概況の説明を受けた。参加者は、試食して品質や味の良さを確かめた。