新着情報

【花】花 日持ち向上へ結束/JA熊本経済連

2017.02.17

 JAグループくまもと花き部会(事務局=JA熊本経済連)は、2016年度の部会全体研修会を開いた。部会は、花きの日持ち性向上対策に取り組む生産者や団体を認証する「日持ち品質管理認証」制度の取得を推進している。研修会では、日持ち性向上への意識を高めるための講演があった。花き生産者やJA、県の担当者ら約60人が参加した。
 認証審査をするMPSジャパンの松島義幸代表が、マーケットの求める品質や認証の重要性を、市場調査の結果を交えて説明した。
 JA全農九州営農資材事業所の小牧孝一上席技術主幹が、土壌病害の診断ポイントや防除方法などを紹介した。
 部会の溝辺敬志部会長は「技術を学び、日持ち認証に取り組み、良い花を出荷すれば、結果は後から付いてくる」と呼び掛けた。
 部会は2012年、県産花きの品目・JA枠を越えた生産・販売に関する連携強化を進めるため設立。主要品目の専門部会を中心に研修会、会議、販促活動を行っている。