新着情報

【会長就任】復興対応早急に/JA熊本中央会

2017.01.31
記者会見に応じる小崎会長(30日、熊本市で)
記者会見に応じる小崎会長(30日、熊本市で)

 JA熊本中央会は1月30日、熊本市で臨時総会を開き、空席となっていた会長に小崎憲一副会長(JA熊本うき組合長)を選んだ。就任後に開いた記者会見で、小崎新会長は農家所得の向上や地域の活性化、農業生産の拡大に継続して取り組むことを表明。スピード感を持ち、JAグループが一体となって農業をめぐる問題の解決に取り組むと決意を示した。
 小崎新会長は、山都町長選に立候補するため昨年末に辞任した梅田穰前会長の後任となる。小崎新会長の後任の副会長には、JAあまくさの川口義英組合長を選んだ。
 小崎新会長は会見で、米国が環太平洋連携協定(TPP)から離脱すると表明したことを受け、米国との二国間協議に懸念を示し、今後の状況を注視すると説明。JAの自己改革には継続して取り組むと強調した。熊本地震からの復興については、県などと連携して早急に対応するとした。