新着情報

認知症患者支援で県が感謝状授与/JA熊本中央会

2016.11.02
感謝状を受け取る竹熊常務
感謝状を受け取る竹熊常務

 熊本県は、認知症患者と家族への支援などの取り組みを評価し、JA熊本中央会に感謝状を授与した。中央会の竹熊猛常務は「この表彰を契機に、さらに福祉への取り組みを強化していく」と強調した。
 熊本県は「長寿を楽しむ社会」の実現に向けて認知症施策を推進している。人口当たりの認知症サポーターの養成率が2009年度から7年連続で日本一を達成するなどの実績を上げている。
 今回の表彰は、熊本市内で開催された「認知症啓発キャンペーン2016inくまもと 世界アルツハイマーデー記念講演会」の中で行われた。
 中央会が取り組んできたキャラバンメイト、認知症サポーターの養成や県内各地で認知症の人やその家族を支える活動が評価され「熊本県認知症になっても安心して暮らせるまちづくり功労者」として、感謝状を授与された。