新着情報

【下草刈り】協同組合間提携で「協同の森」手入れ/JA熊本中央会

2016.10.13
「協同の森」の植樹作業
「協同の森」の植樹作業

 JAグループ熊本と熊本県生活協同組合連合会、熊本県漁業協同組合連合会、熊本県森林組合連合会などの11団体でつくる熊本県協同組合間提携推進会議は7日、熊本県大津町の「協同の森」で下草刈りをした。
 環境問題への関心が高まる中、荒廃した山野を整備して植林した同森の維持、管理のために、2010年から毎年2回、春と秋に実施している。
 今回は16人が参加して下草刈りをした他、熊本県森連の協力で桜やモミジなど11本を植樹した。同会議の事務局を務めるJA熊本中央会地域くらし広報部は「各協同組合との連携の一つの形として、今後も『協同の森』を維持・管理していく」としている。